夢洲トンネル
夢洲と咲洲を直結する道路・鉄道併用の海底トンネル

 大阪港咲洲には、物流施設等が多数立地し、国際海上コンテナターミナル、国際・国内フェリーターミナルやトラックターミナルが集積しています。

 一方、夢洲には、大阪港の中心である北港南地区国際海上コンテナターミナルが位置しています。

 平成22年度に阪神港が国際コンテナ戦略港湾に選定されたことから、今後、咲洲と夢洲間の更なる物流の増加が見込まれます。  この咲洲と夢洲間の港湾の諸活動を支えるのが、咲洲と夢洲を結ぶ道路・鉄道併用の海底トンネル(夢咲トンネル)です。

  夢咲トンネルは、平成12年12月に整備着手し、平成21年8月に道路部が開通しました。 また、引き続き整備を進めていた夢洲側換気所が、平成24年3月に完成しました。 

 
 
 


夢咲トンネルの工事状況(H21.8に供用しています)





 


夢咲トンネルで使われた新しい技術を一部紹介します!