大阪湾の埋立と土地利用 環境保全の取り組み 親水エリア 環境整備船 大阪湾の自然環境
神戸港の歴史

みなととくらし

みなとと防災

大阪湾の変遷と環境

みなとと技術

うみ・みなと達人クイズ


環境整備船



いこま
いこま


船 体船型・船質双胴・鋼製
全 長24.31m
全 幅10.80m
深 さ3.1m
吃 水1.80m
総トン数162.94トン
速 力航行時 10.5ノット
回収時 3〜5ノット
主機関2サイクル高速ディーゼル機関
535kw(480ps)×2基
ゴミ回収装置塵芥コンテナ容量 約40m3



★海洋環境整備事業で活躍しているゴミ・油回収船です。


Dr.海洋
Dr.海洋


船 体船型・船質双胴型・鋼製
全 長33.5m
全 幅11.6m
深 さ4.2m
吃 水2.64m
総トン数196トン
速 力航行時 15ノット
回収時 2〜4ノット
主機関4サイクル高速ディーゼル機関
1,320kw(1,795ps)×2基
油回収装置 浮遊堰式油回収器1台
一次吸引能力最大300m3/H
回収油タンク41.5m3/H×2
油水吸引ポンプ30m3/H×1台
回収油陸揚げポンプ20m3/H×1台
ネットコンベア式油回収器1台
高粘度油回収ポンプ5m3/H×1台
ゴミ回収装置
塵芥コンテナ容量約50m3







▲ゴミの探査
コンピュータによりゴミの
分布と移動を予測し、 海
面に浮遊するゴミを探す。



▲ゴミの回収
船の中央部にある回収コ
ンテナを海中に降下させ、
航行しながら回収。



▲ゴミの種類
ゴミの種類としては草木
竹・海草類・発泡スチロ
ールやペットボトルなど、
大雨後には立木や木材
などの大型ゴミ。



▲ゴミの処分
陸揚げして分別・乾燥さ
せ、可燃物は焼却処分。
不燃物は産業廃棄処理
場へ投棄処分する。








▲油流出
海難事故等で油が流出
すれば、海上保安部と
連絡を取り合い、 現場
海域へ向かう。

浮遊堰式油回収器(低・中粘度用)ネットコンベア式油回収器(高粘度用)

▲油の回収
「Dr.海洋」は低粘度から高粘度まであらゆる状態の
油に対処できます。
【写真左】:浮遊堰式油回収器(低・中粘度用)
【写真右】:ネットコンベア式油回収器(高粘度用)