トップページ >みなとオアシス京たんご

みなとオアシス京たんご

ようこそ!みなとオアシス京たんごへ!久美浜湾は、周囲約20キロメートル、面積約7.1平方キロメートルの袋状の湾で、カキの養殖がおこなわれる他、水鳥などの渡り鳥の休息地にもなっています。湾の周辺にはベント開催のスペース、駐車場及びトイレなどの機能をもった港湾施設が整備されており、周辺施設においては休憩スペースや情報発信施設なども整備されています。これらの施設を「みなとオアシス京たんご」として登録し、「海の京都」として推進している観光振興策と連携し、京丹後市に訪れた皆様に少しでも多くの時間をお楽しみいただけるよう滞在型観光を推進し、更なる地域の賑わいと交流機会の創出を目指します。さらには「ドラゴンカヌー選手権大会」「久美浜まるかじりまつり」等の各種イベントと連携し情報発信を強化していきます!


基本施設
みなとオアシス京たんごセンター(久美浜福祉センター内)
(設置者/京丹後市、運営者/久美浜一区自治振興会)

「みなとオアシス京たんご」の基本施設です。ドラゴンカヌ―選手権や久美浜まるかじりまつりなど、各イベント時の拠点施設でもあり、地域に愛される交流施設です。

【提供サービス】        

まるこ舟・屋形船の乗舟券の発券所※、会議室、休憩室を有しており、乗船券の販売、地域観光情報の提供を行う。


※平成27年5月を目標に定期航路を開設。
    

豪商稲葉本家
(設置者/京丹後市、運営者/NPO法人わくわくする久美浜を作る会)

織田信長家臣として、廻船業で巨富を得て付近諸藩の金融を独占する豪商であった稲葉本家。現在は久美浜の歴史や赴きを感じる観光交流施設として一般公開され、特産品販売所や体験工房の他、吟松舎では丹後ばらずし定食やぼたもちなどを味わうこともできます。

【提供サービス】        

トイレ、駐車場、資料館、会議室を有しており、地域観光情報、飲食、特産品販売の提供を行う。


    

久美浜浜公園(港湾緑地)、アメニティ久美浜(物揚場港湾緑地)

市民の憩いの場であり、かぶとやまの大文字や千日絵の花火を眺める絶好のポイントでもあります。他にも、京丹後市ドラゴンカヌー大会、久美浜まるかじりまつり、歴史街道丹後100kmウルトラマラソンなど、数多くのイベント会場としても親しまれる施設です。

【提供サービス】        

トイレ、駐車場、イベントスペース、係留場(まるこ舟、屋形船による久見浜港内の遊覧など)を有している。イベント開催にあわせ、「みなとオアシス」の情報発信を行う。


    

小天橋エリア

久美浜湾の日本海側にある砂州で天橋立に似ていることから名づけられました。砂州の左側は小天橋海水浴場で夏には海水浴はもちろん花火大会もあり多くの観光客でにぎわいます。右側には地域の特産品を販売するマリンプラザがあり、その周辺では毎年12月にカキ魚まつりが実施され賑わいを見せます。

【提供サービス】        

トイレ、駐車場、イベントスペース、係留場(まるこ舟、屋形船による久見浜湾内の遊覧など)を有している。イベント開催にあわせ「みなとオアシス」の情報発信を行う。観光定置網漁体験


    
    

主なみどころ

●久美浜まるかじりまつり
(10月)

京丹後市久美浜町の海・山・里の幸が大集合!久美浜湾最大のイベント!1万人のフリーマーケットも同時開催!山賊なべや海賊なべの振る舞いもあります!フィナーレの餅まきは圧巻!

●京丹後市ドラゴンカヌー選手権大会(8月)

龍をかたどった華麗なカヌーに10人が乗り込み、太鼓や掛け声に合わせて豪快な水しぶきを上げながらゴールを目指します。毎年約100チームが参加。スピード感抜群の激しい着順争いに目が離せません。

●久美浜カキ・魚まつり(12月)

久美浜・小天橋の冬の恒例イベント!久美浜湾で養殖された名物のカキ、地元で水揚げされた新鮮な魚のお祭りです。焼きカキの試食や大量鍋のサービスのほか、カニ雑炊早食い大会やビンゴゲームなども催されます。

●千日会観光祭(8月)

千日会はもともと久美浜湾のほとりに建つ如意寺の祭りで、同時の本尊・十一面観世音菩薩にこの日お参りをすると、千日参ったご利益があるという言い伝えに由来しています。兜山の大文字の火入れに始まり、打ち上げ花火や灯籠流しなど、夏の夜を鮮やかに彩ります。


アクセス情報

○北近畿タンゴ鉄道 久美浜駅下車徒歩5分
○京都縦貫自動車道 与謝・天橋立ICより車で約45分(京都・大阪より約3時間)

お問い合わせ