トップページ >みなとオアシスKOBE

みなとオアシスKOBE

みなとオアシスKOBE

 みなとと共に成長する神戸に『みなとオアシス神戸』がオープンします。
 写真向かって左から、新港突堤地区、大型外国客船が入港します。
 右側には兵庫津地区。平清盛ゆかりの地、日本三大仏像のひとつ兵庫大仏もあります。
 真ん中が、中突堤・高浜地区。メリケンパークに海洋博物館、ポートタワーが賑わいを作っています。
 神戸をみなとから元気にする『みなとオアシス神戸』、現代芸術の発信基地「波止場町TEN×TEN(基本施設)」で皆様のお越しをお待ちしています!


中突堤・高浜地区

波止場町TEN×TEN(基本施設)  問い合せ先:078-351-1335 HP:http://tenten.chu.jp/

 TEN×TENは、多数のプロ作家たちがアトリエ&ギャラリーとして活動しているみなとの文化・港流施設です。そこには、絵画、版画、造形、書、彫金、ガラス、など種々ジャンルのプロ作家が創作、展示発表活動を行っています。


【提供サービス】

1.作品の鑑賞及び販売
2.プロ作家を育てる「美術研究所」の存在
3.国内外からの、視察
4.コンサート、パフォーマンスや、講演会、セミナー及び交流会の開催





新港突堤地区

神戸ポートターミナル(基本施設)  問い合せ先:078-331-0229 
新港第4突堤にある神戸ポートターミナルは、毎年、100隻以上の国内外からの大型クルーズ客船が、また、日中定期国際フェリーなどが入出航しています。推進12mの岸壁をはじめ、6バースが備えられています。

【提供サービス】 
 
歓送迎デッキでの船の入出航風景の見学や、施設内での土産物の販売そして、周辺散歩道での散策などで憩いの時間を過ごせます。
 港、海、船を題材とした写真撮影、写生などで日々賑わっています。  


兵庫津地区

キャナルプロムナード 
 
キャナルプロムナードは、明治に完成した「兵庫運河」沿に造られた散歩道で、海に続く運河のもつ風情を十分に味わうことが出来ます。

【提供サービス】        

  運河祭、キャナルレガッタなど年間を通して、種々イベントが開催され、散策と合わせて、市民の憩いの場として利用できます。
  

主なみどころ

●神戸ポートタワー&神戸海洋博物館

 神戸ポートタワーは世界初のパイプ構造の観光タワーで、その形は世界でも例のないユニークなものです。
エレベーターで昇降する展望台では、港を中心とした神戸の街並を360°の大パノラマで一望できます。
海洋博物館は、世界有数の規模であり、1987年に神戸港開港120年を記念して開館した。館内では、神戸港に関することや、船舶などが、模型と映像等で来館者を楽しませている。「カワサキワールド」が併設されている。

●みなとこうべ海上花火大会

 毎年8月上旬に開催される神戸の花火大会です。
神戸港・メリケンパーク沖で打ち上がる花火は、広範囲で鑑賞でき、毎年20万人前後の人出で賑わいます。

●神戸ハーバーランド

 中突堤の対岸に位置したエリアで、商業施設の「モザイク」や、高浜岸壁からのレストラン船の発着があり、また年間を通して、イベントの数々でアミューズメントゾーンとして、賑わっている。

●港内クルーズ

 中突堤中央ターミナル(かもめりあ)前から、港内を遊覧するクルーズ船。港内から空港島周辺までを45分間で海上からの神戸を遊覧できる。


アクセス情報
【 公共交通機関 】
○地下鉄海岸線 みなと元町駅
 1番出口 南へ徒歩2分
○阪神西元町東出口、阪急花隈駅東出口 南へ徒歩5分
○JR元町駅西出口、阪神元町駅西出口 南西へ徒歩8分
○JR神戸駅 南東へ徒歩10分