トップページ >みなとオアシスごぼう

みなとオアシスごぼう

みなとオアシスごぼう

 
 「みなとオアシスごぼう」の代表施設「日高港新エネルギーパーク(EEパーク)」は、太陽光や風力等の新しいエネルギーをテーマにした体験型施設です。多くの方が訪れる御坊市の観光拠点となっており、地元の魅力等の情報発信を行っています。  
 また、「日高港塩屋緑地(Sioトープ)」やクルーズ船入港時におもてなしイベントで盛り上がる「日高港塩屋地区岸壁」等、多種多様な施設があり、さらなる賑わいが期待されます。

日高港新エネルギーパーク<EEパーク>

 2007年10月にオープンした新エネルギーのテーマパーク。
太陽光や風力などの様々な新エネルギーの発電設備があり、実際に体感してもらうことが可能な施設です。
全国各地から新エネルギーなどの先進的な利用取組として評価される「新エネ百選」に、日高港新エネルギーパーク(EEパーク)が選ばれました。和歌山県内では、唯一、このEEパークだけです。
御坊市役所HP: EEパーク


Sioトープ

 Sioトープ(日高港塩屋緑地)は「ゲゲゲの鬼太郎と和歌山の妖怪」像が設置された緑地公園で、中央には親水池があり、憩いの空間を創出しています。

御坊市役所HP: Sioトープ





紀州日高漁業協同組合本所荷捌き場

 毎月第4日曜日に開催される港の朝市。新鮮な魚が購入できるという事で地元の人を中心に、多くの人で賑わっています。

紀州日高漁業協同組合 HP:
https://jf-kishuhidaka.or.jp/


 
 

日高港塩屋地区岸壁

 2004年4月に供用開始された岸壁。クルーズ客船のほか、貨物船も利用しています。クルーズ客船の寄港時には、多くの市民による歓迎イベントが行われます。 2016年9月に「にっぽん丸」、2014年3月に「ぱしふぃっくびいなす」などが寄港しています。



主なみどころ

●Sioトープ子どもまつり

●宮子姫みなとフェスタ

 Sioトープ内の親水池を利用した体験やボートの試乗体験、ステージでは各出演団体によるダンスや歌の披露、地元特産品の販売などでにぎわいます。(5月中旬)
 御坊市に伝わる宮子姫伝説をモチーフに、時代衣装を身にまとった総勢30名で会場内を練り歩く宮子姫時代行列や海上保安庁の巡視船などの船内見学が大人気。ステージでは、地元よさこいチームによる圧巻の踊りや様々なライブ。地元特産品の販売、 和歌山工業高等専門学校のロボット操縦体験などが行われます。(11月中旬)

●港の朝市

●御坊市花火大会

 毎月第4日曜日の午前9時から10時まで開かれる朝市。新鮮な魚が並びます。
(売り切れ次第終了)
 御坊日高の夏の終わりをつげる花火大会。水中花火、大玉連発など、約2400発の花火が夏の夜空を焦がします。(8月下旬)

アクセス情報
【 車でのアクセス(日高港新エネルギーパーク) 】
大阪〜阪和自動車道・御坊IC〜国道42号〜塩屋交差点〜現地
紀南〜阪和自動車道・御坊南IC〜国道42号〜塩屋交差点〜現地
【 電車でのアクセス (日高港新エネルギーパーク)】
JR紀勢本線「御坊駅」下車、車で10分
または、
「御坊駅」から御坊南海バス「印南町役場前」行き「王子川」バス停下車(乗車10分)徒歩3分

お問い合わせ

  • 御坊市 総務部 企画課  
  • 電話:0738-23-5518    

Copyrightc2008 国土交通省近畿地方整備局港湾空港部All Rights Reserved