多目的国際ターミナル/MAIZURU PORT/国土交通省近畿地方整備局 舞鶴港湾事務所
 

多目的国際ターミナル
日本海側最大級、5万トン級の大型コンテナ船が接岸できます
第1期工区・第2期工区 完成予想パース
   
大量の貨物が扱え、
国際貿易拠点としての物流機能が充実。
京都舞鶴港では、1989年からコンテナ貨物の取り扱いを開始し、1995年には日本海側初のFAZ(輸入促進地域)指定を受け、貿易関連機能を集約させた施設が完成するなど貿易ビジネスの支援体制が整っています。
その中核となるのが、和田地区の沖合い100mの埋立地に整備されている多目的国際ターミナルです。水深14mを有する大型岸壁には5万トン級のコンテナ船が接岸でき、広々としたコンテナヤードも確保され、貿易拡大を促進します。
多目的国際ターミナル土地利用計画図
多目的国際ターミナル土地利用計画図


こんなに大きなコンテナ船が接岸できます

船舶の大型化によるメリット/物流コストの削減によるメリット

岸壁ができるまで

岸壁ができるまで1 → 岸壁ができるまで2 → 岸壁ができるまで3
ケーソン製作状況
高さ約15m、長さ約13mの大きなコンクリートの箱(中は空洞)を作ります
  ケーソンえい航状況
海底に石を積んでつくった基礎のところまでケーソンを運びます
  ケーソン据付状況
ケーソンの中に水を入れながら沈め、基礎の上にのせます
        ↓
岸壁ができるまで6 ← 岸壁ができるまで5 ← 岸壁ができるまで4
現在の状況
ケーソンを何個も並べて、岸壁部分ができあがりました
  蓋コンクリート打設
コンクリートのふたをして、決められた高さにそろえます
  中詰砂投入
据え付けたケーソンの中に土砂をつめます


back index next


国土交通省近畿地方整備局 舞鶴港湾事務所
All rights reserved,Copyright(c)2003
Maizuru Ports Office,Kinki Regional Development Bureau.Ministry of Land,Infrastructure and Transport