トップ舞鶴港について事業の紹介 > 舞鶴港臨港道路整備事業

舞鶴港臨港道路のあらまし


舞鶴港臨港道路トンネルイメージ図

舞鶴港は、近畿圏における日本海側唯一の重要港湾であり、内外貿易物流の拠点港として整備が進められています。1989年からコンテナ物流の取り扱いを開始し、1995年には日本海側港湾として最初の輸入促進地域(FAZ)の指定を受けました。2006年には総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)の指定を受け、2011年には日本海側拠点港として選定され、今後「国際海上コンテナ」「国際フェリー・国際RORO船」「外航クルーズ」の分野の発展も期待されます。

陸上交通面でも舞鶴若狭自動車道、京都縦貫自動車道などの高速道路網の整備も進み、関西経済圏との交通の利便性も高まりつつあり、密接な関係を築こうとしています。今後、更なる物流の効率・高速化に対応できる基盤整備を進め、地域経済の発展はもとより、関西圏の経済を支える重要な港湾に位置付け、未来を見据えたより機能的な国際港湾整備を行っていく予定です。

そのような状況の中で、日本海対岸諸国との国際貿易拠点として、物流機能の役割を担う舞鶴国際埠頭(愛称:みずなぎ埠頭)は期待されています。舞鶴国際埠頭は、舞鶴港では始めての水深14mを確保し、5万t級フルコンテナ船の接岸も可能です。その多目的国際ターミナルの舞鶴国際埠頭と関西経済圏を結ぶ物流システムをサポートするのが舞鶴港臨港道路です。


↑ PAGE TOP