Google ウェブ全体を検索 神戸港湾事務所ホームページを検索
現在の事業

平成25年度の事業概要 -尼崎西宮芦屋港-

 

尼崎地区 国際物流ターミナル整備事業

 地域経済の基盤を強化し、地域産業の競争力を高めるとともに、大規模地震発生時の救援物資等の海上輸送を確保するため、尼崎地区において国際物流ターミナルの整備を進めており、耐震強化岸壁(水深12メートル)の岸壁部分が平成22年度末に完成しました。

  平成25年度は、引き続き国際物流ターミナルの整備に伴う水深12メートルの航路の浚渫を実施します。また、同地区、岸壁(水深10メートル)の老朽化対策として桟橋部分の改良工事を実施します。



    

※1 航路: 船舶等が海上を運行する為の通路
※2 泊地: 船舶等が岸壁に接岸するときに必要な水域
※3 浚渫(しゅんせつ): 水深を深くするため、海底をさらって土砂を取り除くこと


▲このページのトップへ
お問合せ・ご相談