船舶・施工技術
トップページ > 船舶・施工技術 > 船舶建造(管内で活躍する船舶の紹介)

船舶建造

管内で活躍する船舶の紹介

海洋環境整備船

海はゴミや油によって汚されています。たとえ海に直接ゴミを捨てなくても、誰かが捨てたゴミが風や雨で川に運ばれ、やがては大量のゴミとなって海に流れていくのです。こうしたゴミは船舶の推進器に巻付いたり、吸水口に詰まって事故を引き起こすこともあります。

ゴミは美しい海を汚し、海上交通の安全に悪影響を及ぼすだけでなく、海の生物の生命を脅かすことになります。
 海洋環境整備船は海のゴミや油を回収し、海洋環境を改善するために活躍しています。

現在近畿では、図のように大阪湾・播磨灘・紀伊水道の海域で、「Dr.海洋」「海和歌丸」「クリーンはりま」が活躍しています。

海洋環境整備事業の担務区域説明図
海洋環境整備事業の担務区域
海面に浮遊するゴミの写真 浮遊ゴミの回収作業写真
潮目に集まった浮遊ゴミ コンテナに入りきらない回収ゴミ

各船名をクリックすると詳細データを見ることができます。


  • コンテナによる回収イメージ
    Flashアニメーション
  • コンテナによる回収イメージ
    Flashアニメーション
  • コンテナによる回収イメージ

港湾業務艇

港湾工事を支援する港湾業務艇。広範囲で行われる海上工事に対応するために、高速性、機動性を追求しています。

各船名をクリックすると詳細データを見ることができます。