観測データ
トップページ > 観測データ > 波浪観測情報

波浪観測情報

港の整備には不可欠な基礎データの収集

港の整備のための基礎データとして、
また、海上レクリエーションや津波・高潮などの防災のための情報として
幅広く活用するため、波浪観測を神戸港、潮岬、柴山港の3地点で実施しています。


港の整備、特に構造物の設計に活用

防波堤などの港湾構造物を設計する際、基礎データとして必要不可欠なのが現地での波浪に関する情報です。波浪情報には波高、波向、周期などがあります。

                
全国版の波浪観測システムへのデータ提供

観測データは独立行政法人港湾空港技術研究所でナウファス(NOWPHAS:全国港湾海洋波浪情報網)と呼ばれる日本沿岸の波浪の観測解析システムで集中的に処理されるとともに、波浪観測年報として取りまとめられています。処理解析されたデータは、各港での港湾事業における計画・設計の諸条件、および海上工事などの施工計画の作成などに利用されるとともに、海岸事業に関しても高波・高潮から暮らしを守る海岸保全施設の設計やウォーターフロントの開発に幅広く利用されています。

            
波浪情報をリアルタイムに提供

管内で観測されている柴山港、神戸港、潮岬の波浪データの収集を行うとともに、観測されたデータをリアルタイムに提供しています。

管内波浪観測点図

管内波浪観測点図
ナウファス(全国港湾海洋波浪情報網)のホームページをご覧下さい。