技術開発・設計

防波堤の新技術

斜堤面ケーソン

低コストで耐震強化を実現した新工法

斜底面ケーソン式岸壁の特徴

  1. ケーソン幅の縮小
     通常の重力式岸壁に使用するケーソンに比べ、同じ設計震度でも、ケーソン幅を小さくすることができます。特に、設計震度が0.25以上必要となる耐震強化岸壁において、大きな効果が期待できます。
  2. 建設コストの縮減
     ケーソンの堤体の小型・軽量化とそれによる軟弱地盤の改良幅の縮小により、全体コストの縮減が可能です。
  3. 従来の施工方法で対応可能
     構造自体は、従来型のケーソンとほぼ同じであり、従来の施工方法で充分対応できます。

斜底面ケーソン断面図

斜底面ケーソンの基本原理

「底面傾斜角の変化量αと最大端し圧Pmaxの関係」グラフ
滑動安全率

ケーソン堤体に作用する全水平力Hと全鉛直力Wを、傾斜させたケーソン底面に垂直に方向の力Nと平行方向の力Sに分解し、滑動安全率Fsを計算します。

底面傾斜角θを大きくすることによりケーソン堤体を滑動させる底面に平行方向の力Sは減少し、滑動に抵抗する底面垂直方向の力Nは増加するため、滑動安全率Fsは格段に向上します。


地盤反力

ケーソン堤体の底面傾斜角θを大きくするに従い、地盤反力が大きくなります。軟弱地盤上に構築する場合は、その反力に耐える支持力を確保するため、底面の傾斜角を長期的に維持できる堅固な地盤に改良することにより、斜底面ケーソン工法の効果を最大限に発揮させることが出来ます。

「底面傾斜角の変化量αと最大端し圧Pmaxの関係」グラフ

斜底面ケーソン工法の基本原理の解説図

施工実施例 和歌山県日高港-12m岸壁


斜底面ケーソン製作状況の写真
斜底面ケーソン製作状況
斜底面ケーソンの据付状況写真
斜底面ケーソンの据付