一般の方へ

舞鶴港

舞鶴港の概要

 舞鶴港は、日本海側のほぼ中心部、若狭湾に面した京都府北部に位置しており、静穏で潮位差が小さい天然の良港であり、古くは軍港として、戦後は商港として利用されています。近年は高速道路網の進展を受け、国際海上コンテナ、国際フェリー、国際RORO船、外航クルーズ(背後観光地クルーズ)の拠点形成に向けた強化を図っています。

  



舞鶴港(西港地区)全景


舞鶴港(東港地区)全景

開発・利用の変遷

明治34年 舞鶴鎮守府開庁
昭和20年 鎮守府解体し、商港として再出発
       引揚港の指定により、昭和33年までの間に664,000人帰還
昭和23年 舞鶴港の開港指定
昭和26年 舞鶴港湾が重要港湾に指定
昭和43年 第4埠頭岸壁完成
昭和45年 舞鶴〜小樽の定期フェリー航路開始(第2埠頭)
昭和50年 第3埠頭完成
昭和62年 前島埠頭地区岸壁完成
       舞鶴〜小樽フェリーターミナルを前島埠頭に移転
平成 5年  前島埠頭緑地「前島みなと公園」完成
平成 9年  喜多緑地完成
       舞鶴港FAZ施設完成
平成18年 総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)に指定
平成22年 舞鶴国際埠頭供用開始
平成23年 日本海側拠点港に選定(国際海上コンテナ、国際フェリー・国際RORO船、外航クルーズ(背後観光地クルーズ))

取扱貨物の品目内訳(2015)



リンク集


まいづる観光ネット http://www.maizuru-kanko.net/
舞鶴市 http://www.city.maizuru.kyoto.jp/




ご意見・ご感想はこちらまで

TOPへ