一般の方へ

神戸港

神戸港の概要

 神戸港は古くは「兵庫の津」と呼ばれ自然の良港であったため昔から国内交通の要衝でした。江戸時代末期に締結された日米修好通商条約に基づく1868年(慶応3年)の開港が近代港湾としての出発点で、明治以降の日本の近代化を支え、1967年(昭和42年)には日本で初めてコンテナ専用船が神戸に入港するなど、我が国の高度成長、国際化の一翼を担い、市民の生活基盤、経済基盤として大きな役割を果たしています。
 また、2010年(平成22年)8月には神戸港と大阪港が国際コンテナ戦略港湾に指定され、国際基幹航路の我が国への寄港を維持・拡大することを政策目的としハード・ソフトの施策を集中的に実施しています。



神戸港全景


神戸港全景
             

開発・利用の変遷

慶応 3年  兵庫港開港
大正12年 国の重要港湾となる
昭和26年 神戸港、特定重要港湾に指定
昭和42年 摩耶埠頭竣工
昭和45年 ポートターミナル、神戸大橋竣工
昭和54年 須磨ヨットハーバー(南ハーバー)竣工
       港湾幹線道路(浜出バイパス東部、新港から摩耶間)開通
昭和55年 六甲大橋一部開通
平成 5年  港湾幹線道路(ハーバーハイウェイ)全面開通
平成 6年  阪神高速道路5号湾岸線(六甲アイランド〜関空)開通
平成 7年  阪神淡路大震災発生
平成 8年  日本初の大水深高規格コンテナバースPC-14、15供用開始
平成11年 神戸港港島トンネル開通
平成13年 東部臨海部なぎさ公園オープン
平成14年 総合静脈物流(リサイクルポート)の第1次指定
       ポートアイランド(第2期)コンテナバースPC13供用開始
平成15年 ポートアイランド(第2期)コンテナバースPC18供用開始
平成16年 阪神港(神戸港、大阪港)としてスーパー中枢港湾に指定
平成17年 神戸港、指定特定重要港湾に指定
平成18年 神戸空港開港
       神戸〜関空ベイ・シャトル就航
平成19年 大阪湾諸港の一開港化(阪神港)
平成20年 兵庫運河、運河の魅力再発見プロジェクトに認定
平成22年 コンテナバースPC-18E(耐震強化岸壁)供用開始
       阪神港(神戸港、大阪港)として国際コンテナ戦略港湾に選定
平成23年 コンテナバースPC15〜17 耐震化、増深(水深-16m)完了
       港湾法の一部改正により国際戦略港湾に指定

取扱貨物の品目内訳(2015)



リンク集


神戸市公式観光サイト「FELL KOBE」 http://feel-kobe.jp/
神戸市 http://www.city.kobe.lg.jp/


ご意見・ご感想はこちらまで

TOPへ