一般の方へ

くらし

人々の交流の場となり都市の賑わい・生活の拠点となる「みなと」

 大阪湾の水質については、陸域からの汚濁負荷により、大阪湾に自然浄化能力を超えた負荷を与え続け、これらの結果として、大阪湾の東半分は、透明度が3m以下、大量のヘドロ堆積、表層のCOD3mg/リットル以上、総窒素、総リンが極めて高いという状況になっています。

 


ご意見・ご感想はこちらまで

TOPへ