一般の方へ

阪南港

阪南港の概要

 阪南港は、大阪湾東部沿岸のほぼ中央に位置する重要港湾である。この地域は、明治以降、日本でも有数の紡績地帯として発展してきたが、1966年に木材コンビナートが建設されたことにより、木材産業の拠点となった。現在、ちきりアイランドや阪南4区において、積極的な港湾振興施策による企業の誘致が進んでいる。

 


阪南港全景

開発・利用の変遷

昭和41年 木材コンビナート完成
       岸和田鉄鋼団地完成
昭和43年 忠岡、岸和田、貝塚港を統合して阪南港となる
       阪南港重要港湾に指定
       -10m岸壁(185m)供用開始
昭和63年 岸和田水門竣工
平成 8年  岸和田2号岸壁-12m供用開始
平成14年 岸乃浦大橋完成(一部)
平成16年 新貝塚埠頭から宮崎行きフェリー就航(平成18年5月より休航)
平成20年 新貝塚埠頭供用開始
平成21年 阪南2区(ちきりアイランド)オープン

取扱貨物の品目内訳(2015)




リンク集


岸和田市観光情報 http://kishibura.jp/
岸和田市 http://www.city.kishiwada.osaka.jp/
貝塚市 http://www.city.kaizuka.lg.jp/

ご意見・ご感想はこちらまで

TOPへ